• お知らせ
  • 採用情報
  • ENGLISH
  • 電話番号0263-48-1121

水道メーター無線検針システム

スマート水道メーター(SWM)LTE Cat.M1IoT-R

IoT-R

該当器種

  • IoT-R

概要

LTE 回線を利用したLTE Cat.M1 対応の送信機です。
8ビット電子式水道メーターに接続し、LTE回線を利用して、メーターの検針値や漏水情報などをスマートセンターに送信します。
LTE回線を利用するため、顧客宅の通信回線に依存せずに運用していただけます。
LPWAの新技術を搭載した新しい世界標準規格の通信機器です。

特長

  • 電池で8年通信可能。(運用方法、設置環境による変動があります。)
  • 通信エリアが広い。(基本は通話できる範囲)
  • 顧客宅の通信回線にまったく依存しないで双方向通信が可能。
  • ハード価格現行端末程度。
  • ランニングコストは通常使用であれば定額で有効活用が可能。
  • IoT-R固有の多様なデータ(毎日・毎時)の活用が可能。
  • 電池式でコンパクトなので設置工事が簡単。
  • センターとIoT-Rは【1:1】なのでメンテが容易。

機能

1.定時検針機能

  • 指定された時刻の検針値(毎日0 時00 分など)を取得し、指定された時刻(送信時間は分散して送る(注))にセンターへ検針データを通報します。
  • 用途に応じて、毎日または月に1回の検針が可能です。
  • 1時間毎の検針値を毎日送信できます。

(注) 同一時刻の定時検針発呼について
同一時刻に約100 件以上受信可能。発呼時刻はセンターで自動設定。
事業者毎の時間帯の中で時刻を秒単位で設定。

2.利用開始通報機能 ※特許出願中

  • 設定時間内(例えば24時間ごとや朝5時~9時など)に水道を使用すれば通報、もしくは使用しなければ通報する機能。
  • この機能により高齢者の「元気メール」「異変メール」への応用や、別荘地などの「使いはじめ通報」に利用できます。

3.詳細データ取得

  • IoT-Rは840データのロードサーベイ機能があります。
    1時間毎のデータなら35日分に相当
    10分毎のデータなら5.8日分に相当
  • ※ 本運用の場合、電池寿命は8年とは異なります。
  • ※ 定時検針機能かロードサーベイ機能いずれかの選択になります。
  • ※ データ取得間隔は10分、15分、30分は東洋計器で、60分は事業者様で設定できます。

4.時計自動補正機能

  • 月1回、LTEの基地局の時計を基準にIoT-Rの時計を自動補正します。

5.期限管理通報

  • 運用開始通報後8年となる数ヶ月前に通報。

6.FOTA機能

  • IoT-Rのファームウェアの書き換えを遠隔で行うことができます。
    新たなサービスの提供やセキュリティ強化等が可能です。

仕様・寸法

こちらのPDFファイルをご参照ください。

こちらの製品の関連情報

ページの先頭へ戻る