• お知らせ
  • 採用情報
  • ENGLISH
  • 電話番号0263-48-1121

水道メーター無線検針システム

スマート水道メーターの概要

スマート水道メーターの概要

8 ビット電子式水道メーターにIoT-R を接続し、LTE 回線を利用して遠隔での検針値等の水量データ取得を実現するしくみです。時間単位のデータ送信、データセンターとの双方向通信も可能です。

特長

  • ゲートウェイが不要です。IoT-R を設置すれば、直接基地局に通信が可能です。
  • 顧客宅の通信回線に全く依存せずに双方向通信が可能です。
  • IoT-R は電池式のため、取付け場所の制約がありません。
  • 通信料は定額です。

活用のメリット

自動検針による省力化・効率化を実現

オフィスビル、テナント、オートロックマンション、積雪時の検針、ボックスのフタを開けるのが難しい場所の難検針を解消できます。

自動検針による省力化・効率化を実現

不明水の確認に活用

山間地等で冬期間検針できないときの不明水の調査、減免措置、検針値認定の業務が軽減されます。

不明水の確認に活用

漏水の早期発見に

宅内、空き家、大寒波時の漏水有無を早期に確認頂けます。

漏水の早期発見に

災害時の漏水確認に

災害時の配管破裂等による漏水有無を早期に確認頂けます。

災害時の漏水確認に

水資源の有効活用

特定の曜日や時間帯の水使用実態を把握した配水運用で、水資源の効率化につながります。

水資源の有効活用

管路最適化への基礎データとして活用

過大流量や過小使用量の把握により、給水口径の適正化判断が可能です。配水系統・エリア毎の水量データを活用した高度運用ができます。
管路最適化への基礎データとして活用

ロードサーベイデータ活用

必要時に事業者様が遠隔で設定することが可能です。

※ IoT-R のロードサーベイ機能:10分、15分、30 分、60 分×840 データ
  メーターのロードサーベイ機能:1分~ 99分×64データ(1分間隔で設定可能)

※ 本運用の場合、電池寿命は8年とは異なります。

ロードサーベイデータ活用

アラームリセットに活用

漏水や逆流などのアラームを水道事業者様が遠隔でリセットすることができます。

アラームリセットに活用

随時検針

任意のタイミングで浄水池や配水池の水使用量を確認することで、水の需要変化に応じた水量調節等にも役立ちます。また、浄水設備や配水設備におけるトラブルの早期発見にもつながります。

設置事例のご紹介

横浜市水道局様 モデル事業
(325 件大規模マンションへ設置)

横浜市水道局様

大阪市水道局様 実証実験
(鉄製蓋の上に駐車している状態での通信)

大阪市水道局様

松本市上下水道局様 実証実験
(冬期間検針困難な山間地での通信)

松本市上下水道局様

※ 設置環境により電界強度が減衰することがあるため事前確認を推奨します。

こちらの製品の関連情報

関連製品

ページの先頭へ戻る